上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様は新年の目標を設定されましたか?
また、昨年の目標は達成出来ましたか?

今朝のFM仙台で目標達成について、話題になっていました。 
(お世話になっているマイルストーンさんのブログにもありました)

年初の目標について、英国の心理学者がある調査を行いました。

この調査を行ったのは英ハートフォードシャー大学で心理学を研究する
リチャード・ワイズマン教授。

教授は、これまで何らかの新年の目標を立てたことがある人700人を対象に
聞き取り調査を実施されました。。


目標の内容は人それぞれ、いろいろなモノがあったそうですが
「体重を落とす」「禁煙する」「資格を取る」といった辺りが一般的に見られたようです。

「成功した」と答えたのはわずかに22%
8割弱の人は、新年の目標を途中で諦めてしまったことが判明しました。

この結果を「2割も成功している」と見るか、
「8割も失敗している」と見るかは難しいところですが・・・。


「失敗した」グループを分析したところ、浮かび上がったのは
「自分の周りにある誘惑を取り除く」「模範的なお手本に沿って行動する」
「自分の意思の力に頼る」という類の目標を立てた人が、失敗に陥りやすい傾向。

しかも、「『もし成功することができなかったら…』と、
悪い方向へ考える」人も多かったようです。

対して「成功した」グループに見られたのは、
目標までのプロセスに小さなステップポイントを取り入れる傾向。

ポイントをクリアするたびに自分自身を褒めることで、
目標達成への道を継続させやすくする人が多かったようです。


また、「人に自分の目標を話す」
「目標達成時に訪れるであろうポジティブな面を考える
(=ネガティブな面はあまり考えない)」
「日々の記録をとる」という人が目立ったそうです。

教授は「2010年に人々の生活を変えるのに役立つことを願う」と、
10のアドバイスを伝授していらっしゃいます。

①目標は1つだけにする。

②数日じっくり考える。

③以前立てた目標は避ける。

④ごく普通の目標にする。

⑤細かくポイントを設定し、1つずつクリアしていく。

⑥自分にプレッシャーをかけ、サポートを得るために友人や家族に目標を話す。

⑦定期的に「達成するとどう好ましくなるのか」を書き出し、利点を考えるようにする。

⑧モチベーションと進歩の感覚を守るため、1つのステップをクリアしたら自分にご褒美を与える。

⑨達成までの計画やロセスを記録し、グラフや絵を使って分かりやすく示す。

⑩心が折れそうなときは諦めるのではなく、一時的に前の習慣に戻ったと解釈する。


いかがでしょうか?

目標を立てて満足!ではなく、達成にも秘訣がありますね。
参考になれば幸いです。

本日も有難うございます。
笑顔と感謝に満ちた一日になりますように♪

第一印象研究所:ビジネスマナー講師/杉浦 永子(ながこ)



スポンサーサイト

【2010/01/05 09:47】 | 自己啓発
【タグ】 目標達成,成功の秘訣,マナー講師  
トラックバック(0) |

お尻
お尻
やっぱお尻はキレイな方が萌えなのかしら?
http://xn--t8ja0684aba.com/


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お尻
やっぱお尻はキレイな方が萌えなのかしら?
http://xn--t8ja0684aba.com/
2010/01/10(Sun) 03:25 | URL  | お尻 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。