上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フツ―の会社の利益を3年で5倍に出来たワケ」

本日は、早朝より、仙台東倫理法人会 専任幹事
ミカド電装商事 株式会社 代表取締役 沢田 元一郎様の
講話を聴いて参りました。

蓄電池設備の販売施工をされています。

(ご紹介については、了承を得ております。)

沢田様ですが、落ち着いた雰囲気で優しい感じの方でした。

また、人に第一印象があるように、言葉にも第一印象ございます。

最初にフツ―の・・・とおっしゃるので
親近感を持ちました。

さて、なぜ利益が3年で5倍になったか・・・

シンプルな答えでした

元の成績が悪かった・・・
倫理との出会い
プロセスマネジメント

色々語ってくださいましたが、

私が印象に残ったことは2点

WBS ワーク ブレークダウン ストラクチャー
作業の一つ、一つを決め、担当者も決める

”やらないことを決める”

私の場合、あれもこれも・・・と明確化されないことがございます。

やらないことを決める・・・やはり、仕事は効率良くシンプルに。

皆さまはどのようなタイプですか?

そして、最後はピンチがおきた時の乗り越え方

経営の悩みは9割お金なんだそうです。

人生の中で、様々な波がありますね。

沢田様は、大きな苦難もたんたんと話され器の大きさを
感じました。

そういえば、先日聞いたてんつくまんの講演では、

事務所が火事になったとき、”チャンス!!”と叫び
写真を撮ったそうです。

ピンチはチャンス!!

全て、話しのネタになります。

事実を悩み変えられるなら悩めばよいのでしょうが
どうしようもないことは、なるべく早く切り替えたほうが
成功しますね。

ここの考え方で”差”がつく感じです。



皆さまは、切り替え上手ですか?

有難うございました。

第一印象研究所:ビジネスマナー講師/杉浦 永子








スポンサーサイト

【2009/12/03 22:28】 | 倫理法人会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。