上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そうそう、飛行機に乗った時に、スチュワーデスさんが
救命胴衣の説明するシーンがあるんですが・・・僕得意なんです。」
 
(実際に実践)
そういえば、私のブログは元客室乗務員とつきます。
たまには、このキャビンアテンダントのネタも入れないと・・・。

今朝は、さくら倫理法人会 (ホテル原田 in さくら)で
“第一印象は運命の分かれ道”というタイトルで講演をさせて
頂きました。

ホテル原田様のロビーです。

季節柄、街もクリスマスのイルミネーションが目立って来ましたね。

20091118222237




20091118222235


最寄駅は船岡です。
さくらが有名です。



お陰さまで、宮城県内の沢山の単会に行かさせて頂いております。
倫理の会員の方で、救命胴衣の説明、実践をされた方は初めてでした。

Nさんという男性の方です。
大変ユニークな方でした。

今はビデオ上映ですが、ライブでの救命胴衣の説明に関しては
注目度の高い路線、低い路線、じっと観察される方・・・様々でした。

また、この男性は目の前でモノマネをされたそうです。
その際の客実乗務員はたまたま、しら~としていたそうです。
→客室乗務員は不審者もチェックします。(勘違いされたかしら?)

エアラインによっては親しみやすさに違いがあります。

私なら、先ず、笑います(微笑む!?)
想像しただけで、面白いです。

比較的、客室乗務員はいつも笑顔!笑顔!です。

イライラすることがあっても笑顔!
(満席で気流の関係で飲み物の配布に時間がなく
 早く決めてくださいと思っても顔には出さない)

スマイルに加え眼力で「早く決めて~」というオーラは
出しますが・・・。

急病人が出て、気持ちはかなり焦っても
口角はキープ!

乗務員同士のOKサインも常に笑顔
お客様に常に見られている意識が保たれています。

視界が悪く、パイロットが着陸を数回トライし旋回しても
ニコニコ笑顔!
「大丈夫」とスマイル拡大!
(内心は良いものではありません)

笑顔で”安心提供”というプロ意識があります。
ここで、泣きそうな表情をしたら、お客様は不安になり
クレームに繋がります。

安心を与える、元気を与える表情・・・大切にしたいものです。

無表情は怖いですよ~。

見られている意識、相手に好印象を与えようとしているか
どうか・・・日々の意識が表情を作ります。

顔は履歴書とも言われています。
皆さまの笑顔、表情はいかがでしょうか?

本日も有難うございました。

第一印象研究所:ビジネスマナー講師/杉浦 永子(ながこ)












スポンサーサイト

【2009/11/18 22:54】 | 講座・研修・講演
【タグ】 講演,マナー講師,  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。