上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も有難うございます。

来週、ご紹介により某企業様でマナー&ワーク・ライフ・バランスに
ついて講演させていただきます。

根底は、人が輝きイキイキと人生を
生きていくことがテーマで
ございます。



本日の午前中は、その講演の打ち合わせでした。
感心しましたのは、この企業様は毎月勉強会をされ、
また、社内に“輝きリーダー”の様な存在があるそうです。


勝ち残っていく企業様は、日々努力を重ねていらっしゃいます。


ワーク・ライフ・バランスとは・・・ウィキぺディアによると

ワーク・ライフ・バランスは、「仕事と生活の調和」と訳され、
「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、
仕事上の責任を果たす とともに、家庭や地域生活などにおいても、
子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な
生き方が選択・実現できる」ことを指す。

日本では少子化対策・男女共同参画の文脈で語られることが多いが、
出生率向上・男女均等政策のみならず、労働時間政策、
非正規労働者政策など働き方の全般 的な改革に関わる。
平成19年末、政府、地方公共団体、経済界、労働界の合意により、
「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定され、
現在、官民を挙げて 様々な取組が進められている。
政府は、ワーク・ライフ・バランス推進のため、国民運動
「カエル!ジャパン キャンペーン」を開始した。

と表示されています。

*仕事をとことん極める
*平日は仕事に没頭!(週末は趣味を充実させる)
*アフター5は習い事をする。
*休日はボランティア活動
*効率よく仕事をしメリハリがある。


○一生シングルを貫く人
○妻、母、何役もこなす人
○一度離婚を経験し仕事に打ち込む人
○再婚し新しい生活を歩む人

生き方は多様化しています。
大切なことは、自分がどのような生き方がベスト
なのか理解し行動しているかどうか

そして、人は自分一人で存在しません。
仕事と家庭の調和・・・プラス周囲との調和も大切だと
考えています。

私の永遠の課題でもあります。

皆さまのワークライフバランスはいかがでしょうか?
共に素敵な人生を送っていきましょう。


本日も有難うございました。



第一印象研究所:ビジネスマナー講師/杉浦 永子
スポンサーサイト

【2009/06/08 22:58】 | 生き方
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。