上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月は出会いと別れの季節・・・。

今から数十年前、駅のホームに家族、親類、クラスメイトが見守る中
夢を背負って東京へと旅立った。

私は一時の悲しみだけで前しか見ていなかった。

今ごろになって、ひしひしと家族の悲しげな顔を思い出す。

そして、本日は長女の旅立ちの日。

これまで、荷作りをしている段ボールの数が増えていく陰で涙し、

荷物が出された広々としたお部屋を見ては陰で涙し、

娘の笑顔を見ては愛おしく思い

家族揃っての食事に幸せをかみ締める。

永遠の別れではなく、旅立ちと分かりながら切ない。

これから、お互い別々の生活を歩んでいくんだね。

この春、全国に子供の門出を祝う親子はどれくらいいるのだろう・・・。

娘はどんな環境で、どんな人に囲まれるのか

新居の手伝いと挨拶も兼ねてANA732便へ・・・

久しぶりのエンジン音    懐かしい。

上空にて窓から外を眺める娘はどんな気持ちで見つめているのだろう・・・。

色々思い出すと胸から様々な感情が込上げてくる。

涙目になるが、花粉症の振りをしてごまかす・・・。

娘の旅立ちを前にあの時の親の気持ちが理解出来る。

愛情豊かに育ててくれて有難う!

人生は旅。

仕事のスキルも大事だけれど、先ずは身体を大切に

沢山の方々に感謝の気持ちを持ち続け、

素直な心を大切にして欲しい。

どのような人と手を取り合うのかな・・・

試練を成長のチャンスと思えるかな・・・。

同じ風、同じ空の下 母はずっと見守っています。

胸を張って、大きく これから羽ばたいて欲しい。

母も負けないように頑張るからね。


”いってらっしゃい”

これまでもありがとう!

これからもありがとう!

皆様も素敵な旅を・・・。

  本日もお読み頂き有難うございます。


第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子


20090314162504





スポンサーサイト

【2009/03/14 16:20】 | 暮らし
トラックバック(0) |


伊藤
どちらに旅たたれたのでしょうか?

死もそのようなものなのでしょうか?

またあの世で会えるかも?

私にも同じ思い出があります。

仲の良い同僚に見送られた

転勤の時も泣けました。


伊藤さんへ
念願の夢が叶い、大阪へ!

人にはそれぞれドラマがありますね。

私は、泣けることは良いことだと
思っています。

情の深さかな・・・

家系的にクールに出来ないのです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どちらに旅たたれたのでしょうか?

死もそのようなものなのでしょうか?

またあの世で会えるかも?

私にも同じ思い出があります。

仲の良い同僚に見送られた

転勤の時も泣けました。
2009/03/14(Sat) 21:57 | URL  | 伊藤 #-[ 編集]
念願の夢が叶い、大阪へ!

人にはそれぞれドラマがありますね。

私は、泣けることは良いことだと
思っています。

情の深さかな・・・

家系的にクールに出来ないのです。
2009/03/15(Sun) 22:23 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。