上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月3日 桃の節句、本日は長女の卒業式でした。

多くの方々の手を借りて無事迎えることが出来

心から感謝したいと思います。

お陰様で大病することなく、すくすくと成長し

コツコツと努力し夢(目標)の職業にも就くことが出来ます。

このご時世、幸せなことです。

親子の関係は永遠ですが、子育てとしては、

一区切り、一安心です。

寂しさと喜びと複雑な心境でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒業式では、

人は一人一人それぞれなすべきことがある。

出会いを大切にすることにより、

チャンスが運ばれる。途中で諦めない!

人生と仕事は切っても切れない関係で

強い絆で結ばれている。

働かないと生計が立てられないし、怠け癖がつく。

興味を持って仕事をすることで”いきがい”がプレゼントされる。

困難があっても、周囲に謙虚で素直でいると

救いの手が現れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒業生へ向けての言葉でしたが、

現役社会人にもなかなか響く言葉でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日のブログのタイトルは”お祝いの陰に・・・”でした。


「おめでとうございます」

私達の人生の中で、何度も繰り返されます。

出産、入園、入学、卒業、賞、就職、結婚・・・

主役、当事者にお祝いの言葉が多数むけられますが、

その背景には、支える人がいます。

本日の午前中は従姉妹から子育てに関する労いのメールを頂きました。

非常に嬉しいメッセージでした。

出産祝いも通常は赤ちゃんへのものが

多いのですが、出産された方へプレゼントをすると

非常に喜ばれます。(最近贈るようにしています。)

お祝いは主役へはもちろんのこと、

支えてくれた方へ労いの言葉をかけることで

ステキな人間関係を築くことが出来ます。

  本日も有難うございました。

明日から、仕事モード全開で頑張ります!

  第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子






スポンサーサイト

【2009/03/03 16:58】 | 暮らし
トラックバック(0) |


伊藤
高校の卒業式でしょうか?まったく校長先生がどんな言葉で送ってくれたのか覚えておりませんがきっと役に立つこのような言葉を頂いたのでしょう。

おめでとうございました。


伊藤さんへ
有難うございます。

私も覚えておりません。

返って大人、社会人の経験を

してからのほうが伝わる部分が多いです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
高校の卒業式でしょうか?まったく校長先生がどんな言葉で送ってくれたのか覚えておりませんがきっと役に立つこのような言葉を頂いたのでしょう。

おめでとうございました。
2009/03/04(Wed) 16:41 | URL  | 伊藤 #-[ 編集]
有難うございます。

私も覚えておりません。

返って大人、社会人の経験を

してからのほうが伝わる部分が多いです。
2009/03/06(Fri) 23:34 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。