上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も有難うございます。


読んでくださる方がいて書き続けることが出来ます。


一体、どのような方が読んで下さっているのでしょうか?


ご縁に感謝致します。


*********************

お陰様で、本日は某企業様でインストラクター研修を
させて頂きました。

(数店舗に社内指導者を育成します。)


前日から緊張モードで、自分なりのストーリーを描き
準備をしお世話になっている会社の担当者に相談します。


振り返れば、この方に昨年は長期に渡りお世話になり
沢山のアドバイス、ご指導を頂きました。


当初は半年契約かと思ったのですが更に延長を
頂けたのは、この方のお陰です。


より研修に成果が出るように・・・・。


伸びる会社がしていることは”教育”


人の力を上げてこそ、会社は勝ち残れます。


研修は内容はもちろん、やり方で効果が変わってきます。


客観的にご意見を頂ける環境にあることに感謝致します。


有難うございます!


そして、やりがいを感じる瞬間は、


①受講者が最大の力を出そうとトライし
  挑戦している姿をみる時。



②次回の研修について、どうやったら成果が上がるか
   考えて、より良い研修メニューが出来たとき・・・。



③企業にとって結果・成果が出た時!


************************

最後に皆様へ


④ステップトレーニング


トレーニングにおいて、より良い結果を出す方法
(東京でお世話になっている研修会社の教育担当者から
学びました!)


短期間に成果が出せる!アメリカの兵士のトレーニング方法!

STEP1:全体を理由を含めて説明する (効果30%)


STEP2:やってみせる(モデリング)
     見本を見せる (効果60%)



STEP3:やらせる、説明させる (効果90%)


STEP4:評価する (効果100%)
    ( →先ず褒める、一つだけ改善点を告げる。)

 

*ちなみに研修をしていて一つだけは厳しい。
  私は、最低2・3はアドバイスします。



本日はSTEP4まで行いました。

楽しい(明るい)場作りをし、プレッシャーの中で
人は成長します。


 本日も有難うございました。


 第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子


     

                  





スポンサーサイト

【2009/01/27 21:19】 | 講座・研修・講演
トラックバック(0) |


ももとごん
素晴らしい研修ですねぇ。
褒めることの大切さ。
その上で改善点を指摘。
勉強になります。


伊藤
やはり一般的に日本人は
誉めるのが苦手ですね。

説明させる

んんこれは楽でいい。


ももとごんさんへ
本日も有難うございます。

研修を褒めていただき大変嬉しいです。

指導者は改善点が目につきますが、

先ずは褒めて自信つけさせ、

アドバイスが良いみたいです。

褒め方もタイプによって分けます。




伊藤さんへ
コメント有難うございます。

褒め方が習慣化されれば良いのでしょうが・・・
習慣化されていない方は
何を褒めて良いかさっぱりわからないみたいです。


説明させる、やってもらう・・・
私の場合は楽ではないですよ。

どうやったら、より出来るようになるか

真剣に観察し見極めないといけないので
顔は笑顔で目は真剣勝負です

ひたすら、書記をします。

その後も、言動には配慮します。

甘くても成長しない。
言いすぎは自信を無くす方がいらっしゃいます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素晴らしい研修ですねぇ。
褒めることの大切さ。
その上で改善点を指摘。
勉強になります。
2009/01/27(Tue) 22:38 | URL  | ももとごん #-[ 編集]
やはり一般的に日本人は
誉めるのが苦手ですね。

説明させる

んんこれは楽でいい。
2009/01/27(Tue) 23:04 | URL  | 伊藤 #-[ 編集]
本日も有難うございます。

研修を褒めていただき大変嬉しいです。

指導者は改善点が目につきますが、

先ずは褒めて自信つけさせ、

アドバイスが良いみたいです。

褒め方もタイプによって分けます。

2009/01/28(Wed) 07:56 | URL  | ももとごんさんへ #-[ 編集]
コメント有難うございます。

褒め方が習慣化されれば良いのでしょうが・・・
習慣化されていない方は
何を褒めて良いかさっぱりわからないみたいです。


説明させる、やってもらう・・・
私の場合は楽ではないですよ。

どうやったら、より出来るようになるか

真剣に観察し見極めないといけないので
顔は笑顔で目は真剣勝負です

ひたすら、書記をします。

その後も、言動には配慮します。

甘くても成長しない。
言いすぎは自信を無くす方がいらっしゃいます。
2009/01/28(Wed) 08:05 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。