上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、冬至についてはご存知でしょうか?

二十四節気の一つで12月22日頃を指し
期間としては小寒1月5日ごろまでを言うそうです。

この期間北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり
そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。

この期間を境に少しづつ日が伸びていきます。

冬至かぼちゃを食べて金運を祈り、
冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈るという思いが
あるようです。

それでは、質問です!

何故、ゆず湯なのでししょう?

冬至の読みは「とうじ」。と読みますね

湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけています。

更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」

という願いが込められているのです。

インターネットで調べてみました。

ちなみに、このゆず湯ですが、血液の流れを良くし

ひび、あかぎれ、風邪予防、冷え性、神経痛、美肌にも
効果があるようですよ♪

ゆずを数個輪切りにして浮かべると良いようですが、

我が家は、その後のお風呂洗いも考え細かい網のネットに入れます。
(種があるので・・・)

風情にはかけますが・・・。
香りは楽しめ、アロマテラピーのリラックス効果も
期待出来ます。

*********************

また、かぼちゃの栄養成分の特徴は、
なんといってもカロチンを多く含んでいることです。

カロチンは、体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし、
感染症などに対する抵抗力をつけてくれるようです。

「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」
といわれるのはそのためです。

ちなみに我が家は小豆も一緒に煮込みます。

師走の時期は実家から小豆、黒豆などが送られてきます。

小豆は、前の晩に水につけ大量に煮て置くと便利です。

赤飯に、かぼちゃに、ヨーグルトに、
それから、パンに薄くバターを塗って
小豆を乗せトーストすると美味ですよ。
(甘党派には大好評です!)

お子さんがいらっしゃるご家庭ではホットケーキに入れて
焼くと栄養も増しおやつにGOOD!ですよ。

日々色々ありますが、
季節感を取り入れ元気に過ごしていきたいものですね。

 本日もお付き合い頂き感謝申し上げます。
 有難うございました。

 第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子











スポンサーサイト

【2008/12/21 10:31】 | 暮らし
トラックバック(0) |


-
カボチャにあずきがからまったものを子どもの頃よくたべました。金運を願うというのは初耳でした。昨日は冬至祭というまつりごとに参加してきました。


伊藤さんへ
冬至祭り楽しそうですね!

金運の件は私も始めて知りましたよ♪

かぼちゃと小豆は定番料理かしら・・・。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
カボチャにあずきがからまったものを子どもの頃よくたべました。金運を願うというのは初耳でした。昨日は冬至祭というまつりごとに参加してきました。
2008/12/22(Mon) 15:52 | URL  |  #-[ 編集]
冬至祭り楽しそうですね!

金運の件は私も始めて知りましたよ♪

かぼちゃと小豆は定番料理かしら・・・。
2008/12/22(Mon) 22:37 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。