上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


唐突ですが・・・
「勤務先の売り上げ・利益・利益率をご存知ですか?」

先日、渋井 真帆さんのセミナーに参加して参りました。
         (ブログでのご紹介は了承得ております。)

冒頭の質問に対して回答出来ますか?

この質問にお答え出来ない方は、恋愛をしていて相手の

誕生日が言えないのと同じなのだそうです。


社会で成功したい、社会から好かれたいなら、

「I See me」→ 「I See you」

あなたは相手のこと、上司のこと、会社のこと 社会のことを
どれだけ知っていますか?

自分のことばかり見て、自分の感情ばかり重要視して、
自分のことばかり語っていませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という流れから、彼女は日経新聞を勧めていらっしゃいました。

資本主義に生きていているので
基本的な仕組みである経済とは、私たちの生きている社会そのもの!

日経読みこなし黄金ルール
 (女性のための日経読み方心得帖参考)

その1:全部読もうとすると何と新書本2冊分に相当するので
     全部読もうとしない→頑張り過ぎない

その2:見出し・リードを読む。
     リードとは、見出しの次の要旨をまとめた数行の文章(前文)のことです。
     ここを読むだけで、その記事の大半を理解出来ます。

その3:想像力を働かせて 記事を先読みしましょう。

最後に年収100万円アップ術!

日経の一面下 春秋を音読すると良いそうです。
継続しなくては意味がありません。

私も最近 続けておりますが、
言い回しの勉強、意味が分からなければ調べたりするので一石二鳥
どころか5鳥ぐらいの効果あり。

①最近の話題に強くなる!②滑舌がよくなる ③ 経済用語に強くなる
④語彙が豊富になる ⑤ 文章の構成が勉強になる・・・
まだまだありそうですが、今、思い浮かぶことを書いて見ました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

我が家では結婚したときから、日経新聞がございました。
専業主婦の時は、全く関心がなく読んでもいませんでした。

でも、ビジネスで成功するには、「へえ~凄いですね~」
と感情ばかり伝えていても全く説得力に欠けます。

論理的思考、データに強くなる・・・課題でございます。

連休も明け、仕事モードに切り替え今週もGO!GO!

 本日も有難うございました。

 第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子

 
 
     





スポンサーサイト

【2008/10/14 15:07】 | 自己啓発
トラックバック(0) |


伊藤
学生のときとってましたが

ほとんど読んでいませんでした(笑)

最終ページに

有名人の連載で

私の履歴書?

みたいなので

長嶋茂雄連載のときは


まじめに少し読んだ記憶があります。


暗い記事が多いので

寝る前や朝起きたては読まないほうがいいように思います。


伊藤さんへ
私の履歴書は今もございます。

明るい、暗いは人によりますね・・・。

気に入った記事を読むだけでも違いますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
学生のときとってましたが

ほとんど読んでいませんでした(笑)

最終ページに

有名人の連載で

私の履歴書?

みたいなので

長嶋茂雄連載のときは


まじめに少し読んだ記憶があります。


暗い記事が多いので

寝る前や朝起きたては読まないほうがいいように思います。
2008/10/15(Wed) 21:43 | URL  | 伊藤 #r9MpMX5Y[ 編集]
私の履歴書は今もございます。

明るい、暗いは人によりますね・・・。

気に入った記事を読むだけでも違いますね。
2008/10/16(Thu) 23:19 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。