上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休の中日いかがお過ごしでしょうか?

本日は、お中元のマナーについて書かせて頂きます。

皆様は、お中元は贈られましたか?

そもそも、中元の意味って何でしょうか?

お中元は、もともと、道教の習わしだった神を祭る日

「上元」「中元」「下元」の三元の一つです。

その中で、中元は中国の旧暦で7月15日を指し祖先の霊を供養し

日本にも伝わり、両親に食べ物をおくる儀礼になりました。

この習慣が目上の人やお世話になった人に贈り物をする「お中元」

として定着したと言われています。

現在は、7月初めから15日にかけて相手に贈るのがマナー。

また、5月、6月の早い時期にお申し込みをされると

早期割引、特典(記念品)を頂くことが出来ますよ。

今期のお中元は、中旬にデパートへ出向いてしまいました。

相談したところ、中旬過ぎでも「お中元」でもOK!

梅雨明け、夏真っ盛りなら「暑中見舞い」になると思います。

ちなみに、年に一度の贈り物なら、お歳暮を贈りましょう。

お中元よりお歳暮のほうが格が上になるからです。

最後に、地方や旧盆の行われる地域は1ヶ月遅れで贈ります。

********************************

追記:先日ある方から言われました。

   「杉浦さん、毎日、ブログを書いて凄いですね・・・
    ネタをどこかにストックしていますか?」

 マイドキュメントにためて、忙しいときは小出しに出来ればよいのでしょうが、

 今のところ、余裕もなく、その日、その日に思ったことを綴っています。

 ブログはPC上の日記ですから、やはり、その日、その日に書いてこそ、
 
 意味がありますよね。

 FC2のブログですが、私の場合時々砂時計のマークが出て最後の最後に

 全て消えることがたま~にあります。

 その時は、絶叫で半べそ状態になります。

 学習し、ワードに下書きしてからアップするときもあります。

 今回ぐらい・・・と思うと消えたりします。

 多分、良い方法があるのでしょうが、アナログ人間なので

 効率が悪いのです・・・。

 どなかたお分かりになる方は今度、アドバイスをお願い致します。
  

 消えたものは、嘆いても元には戻らないので切り替えてやり直します。

 再会する友人、知人の声に励まされ継続しています。

 本日も最後まで、お読み頂き大変嬉しいです。

 「杉浦さんのブログ、楽しみ~」って言われると

  単純だから、嬉しくなります。期待に弱いタイプです。

  私とつながる方に沢山の幸せが訪れることを願っています。

  連休最終日も素敵な一日をお過ごしください。
   
    第一印象研究所:ご縁マナー講師/杉浦 永子

 








スポンサーサイト

【2008/07/20 15:26】 | マナー
トラックバック(0) |

中元
伊藤
そういえば
子供の頃


私の父はマメに

中元歳暮を贈っていたように

思います。


某ホテルから毎年

佃煮が贈られてきて

それが夏のたのしみでした。

あとはカルピスのお中元も楽しみでした。


日記はある程度書いたら

先にアップして

編集していくしかないのでは

ないでしょうか?

私も経験があります。





お中元
伊藤さんへ
いつも有難うございます。

会社関係もここ数年で大分簡素化

されてきています。

確かに、カルピスはお子様に

大人気のようです。


ブログの件アドバイス有難うございます。

助かりました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
中元
そういえば
子供の頃


私の父はマメに

中元歳暮を贈っていたように

思います。


某ホテルから毎年

佃煮が贈られてきて

それが夏のたのしみでした。

あとはカルピスのお中元も楽しみでした。


日記はある程度書いたら

先にアップして

編集していくしかないのでは

ないでしょうか?

私も経験があります。



2008/07/20(Sun) 21:50 | URL  | 伊藤 #r9MpMX5Y[ 編集]
お中元
いつも有難うございます。

会社関係もここ数年で大分簡素化

されてきています。

確かに、カルピスはお子様に

大人気のようです。


ブログの件アドバイス有難うございます。

助かりました。
2008/07/21(Mon) 23:11 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。