上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日いかがお過ごしでしょうか?
秋を感じる今日この頃です。

昨夜は涼しかったですね~。
また、今週末、仙台はジャズフェスティバルですね♪

さて、本日は、東北放送様の番組審議会に参加
してきました。

事前にこのように、新聞、冊子、資料、DVDが
送られて来ます。
前もって見て意見が出せるように予習が必要です。
お陰さまで、毎月、色々な番組が課題になり
非常に勉強になります。




この5月から、お陰さまでご縁を頂き審議員に
なりました。

まだまだ審議するレベルではなく、
感想、意見、質問を述べる程度ですが、
将来的には、審議・・・もっと、視聴者のために
なるような意見を出すことが目標です。

委員の方は、それぞれ様々なご意見を出されますので
仕事をさせていただき、刺激的な時間でございます。
(8~9名の審議員が参加されます。)
目の前には、東北放送様の役員の方々、番組制作者の方々が
座られ、緊張感を伴い発言します。

第519回 番組審議会はTBCスペシャル
「ヒロシマから離れた地で
  ~仙台の被爆者 木村緋紗子さん 魂の叫び~」

放送日は、8月18日で午後7時から7時55分まで。
狙いは、家族で見て頂きたいということで
ゴールデンタイムだったようです。

原爆投下から65年 木村さんは現在73歳です。
語り部としてご活躍です。

原爆では、21万に死亡され
生き残った方は40万人

現在被爆者は23万人、
広島10万人、長崎6万人

そして、宮城には205人の被爆者が
いらっしゃいます。

悲しみを封印したい方
後世に残したいと精力的に活動される方・・・
様々です。

木村さんは仙台に移りすみ34年になり
50過ぎから語り部として宮城県の学校などを見回り
被爆体験を子供達、先生方に伝えています。

「宮城県原爆被爆者の会」の事務局長もされています。
会費は年会費、被爆者の方からなのですが
運営資金など大変なようです。

木村さんは放射線の後遺症で8回も身体にメスを入れ
健康体ではないのですが、辛さをばねに、活動されています。

生きる事の大切さ、勇気を頂きました!!

木村さんは8歳の時に、広島で被爆されました。
お父様、おじい様、ご家族8名を亡くされました。

中でも、おじい様が被曝され、身体がただれ
腐敗し、例えようの無いにおいに
「死んで欲しい」と思ってしまった・・・
胸が詰まりました。

被曝は(戦争) 人間を変えてしまう!」
(考え方など)


木村さんですが、家族を奪ったアメリカの
人たちに核兵器の廃絶を呼び掛けるチャンスに恵まれました。

7月、宮城県の原爆被害者の追悼式で木村さんの語りを聞いた
仙台の高校生が被爆者の詩を朗読されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原爆の恐ろしさ・・・
平和に大切さ・・・
戦争について・・・
核廃絶・・・

被爆者の年齢も高齢化が進み会の存続が危ぶまれます。

意見は賛否両論かと思います。

長文をお読み頂き有難うございます。
皆様はどのように考えますか?

東北放送様の番組に対する思いが
ひしひしと伝わるスペシャル番組でした。

素敵な週末をお過ごしくださいね。
皆さまは、未来に何を残しますか?


第一印象研究所 マナー改善士 杉浦永子(ながこ)









スポンサーサイト

【2010/09/10 19:43】 | 番組審議会
【タグ】 東北放送,番組審議会,木村緋紗子様、被爆  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。