上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月!ジューンブライド

結婚式に呼ばれる機会もありますね。
本日は、知っておきたい洋食のマナーについてお伝えします。

*カラトリー(スプーン、フォーク)は、ご存知かと思いますが、
 外側から使いましょう。
 万が一、間違えても、お店の方が補充してくださいますので
 大丈夫です。

*食事中は、ナイフとフォークは八の字。ナイフの刃先は自分側へ向ける。
  食後は、右斜め下に揃える。この時もナイフの刃先は下向きにする。

*カラトリーは落としても、決して自分で拾わない。
  (万が一、落としても慌てずウエイターさんに頼んで新しいものを持ってきてもらいましょう。)

*ナイフには、口をつけないようにし、格式あるレストランではナイフとフォークの
 持ち替えはNGです。

*又、スプーンの形で食べ方が変わります。
 よりスマートな食べ方として、
 楕円形スプーンは口に向かって真っ直ぐに。
 丸いスプーンは45度ぐらいに傾けて召しがると綺麗です。

*平皿にのった、オードブルなど数種類の料理は、
  左手前から半時計回りに食べていきます。

*お肉は、左から一口ずつ切って食べます。
 一気に切ってしまうと冷めてしまいますし、見た目も綺麗ではありませんね。

*手つきのスープカップは、基本的に手でもって直接口をつけて飲んでも構いません。
 最初は、熱いのでスプーンを使ったほうが良いと思います。
 使い終わったスプーンは受け皿の向こう側へ置きましょう。

*ピザは二つ折りにし手で食べてOKです。お皿に残った具はカラトリーで
  食べます。

*カレーとルウが別の場合は、ルウを全部にかけず2・3口ずつかけながら
 お召し上がりくださいませ。

*サラダも葉ものが大きいようなら、ナイフとフォークを使って食べやすい大きさに
  してから食べるとスマートです。又は、食べやすいように大きな葉はナイフと
  フォークを使いたたんで食べると美しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランス料理のフルコースは8品
① オードブル 前菜 カナッペなどは手で食べてOK!

② スープ、パン パンはスープの後に食べ始めます。
   バターはパンを一口にちぎってからぬりましょう。

③ ポワソン 魚料理は左側から切って。かにやエビ料理では、フィンガーボール
  は、指先だけ洗いましょう。

④ ソルべ 口直しのワインやシャンパンベースのシャーベット。

⑤ アントレ メインのお肉料理。

⑥ サラードゥ サラダのこと お肉料理と一緒に出ることもあります。

⑦ フロマージュ チーズのことです。

⑧ カフェ、プチフール デセール(デザート) コーヒーと手でつまめる
  お菓子で最後

*ア・ラ・カルトでは料理は、前菜からメインまで一度に決めてオーダーします。
 デザートは、メインを食べ終えてからオーダーします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本的に堅苦しく考えないで、楽しくが基本だと思います。
周囲の状況を見て合わせることも大切です。

ただ、いざと言うときにきちんとしたマナーを心得ていると
緊張しないで落ち着いて食べることが出来ますね。
沢山の知識は邪魔になりません。
知らないから緊張するのです。

堂々とした演出、振る舞いは貴方自身をワンランクアップさせてくれます。

企業研修でお世話になると、お食事を頂くこともあり、
相手によっては、「マナーの先生と一緒だと緊張するな~」
と言われることがあります。

私自身は、秋田の田舎出身で、面識のある方はご存知かと思いますが
かなり気さくなタイプです。

色々な場所に積極的に出かけることで洗練されて行きます。
食事は楽しく!和やかに!が一番大事です。

本日も最後までお読み頂き有難うございました。

              第一印象研究所:仙台、マナー講師/杉浦 永子
スポンサーサイト

【2008/06/02 09:33】 | マナー
トラックバック(0) |

マナー
伊藤
そういえば

東海林さだおさんが

マナーブックをマンガで書いていて

勉強になりました。

国際化進むなか

そうですね覚えていて得はあっても

損はないですね。

マナーブック
伊藤さんへ(杉浦永子) 
いつも有難うございます。

漫画とは、分かりやすくて良いですね。

さだおさん・・・ということは男性ですね。

女性が書かれたものしか
読んだことがありませんでした。

今度、チェックしてみます。

情報提供お礼申し上げます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
マナー
そういえば

東海林さだおさんが

マナーブックをマンガで書いていて

勉強になりました。

国際化進むなか

そうですね覚えていて得はあっても

損はないですね。
2008/06/02(Mon) 23:08 | URL  | 伊藤 #r9MpMX5Y[ 編集]
マナーブック
いつも有難うございます。

漫画とは、分かりやすくて良いですね。

さだおさん・・・ということは男性ですね。

女性が書かれたものしか
読んだことがありませんでした。

今度、チェックしてみます。

情報提供お礼申し上げます。
2008/06/03(Tue) 07:57 | URL  | 伊藤さんへ(杉浦永子)  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。