上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい!質問です。
「あなたは、上司と一泊二日の出張に行きました。
 ホテルのお部屋は、別々です。フロントの方から3階と7階の
 キーを渡されました。どちらを上司に渡しますか?」
(フロントで決まっている場合もあります)

マナーにおいて、必ずこれが正解!はないのですが、
原則として・・・好ましいのは

7階のキーです。

マナーの基本は、高いほうが目上の方
想定されると基本は迷わなくて済みます。

杉浦の場合は、ご本人に尋ねるケースが多いです。
原則高いほうが、目上の方でも、高い位置が苦手、
朝の移動時に混雑が予想される場合、フロントに近い方を好む場合あり・・・。

ご案内をまとめますと

●お部屋やエレベーターなどはお客様を先に!
(お客様最優先・・・状況によってはご自身が先に入り
お通し、ご案内します。)
*私は「お先に失礼致します」と告げ、指し示すケースが
多いです。その方が流れとして円滑です。

●エスカレーター、階段を上がる際は、お客様が上、
 降りる際は、案内役が下です。
(これも、基本のお客様が上を意識されると簡単ですね)

*基本はそうですが、階段をあがる際、男性が案内役で
お客様がミニスカートでしたら、やはり、男性が先に
上がった方が良いです。

また、高齢者と同伴であれば付き添う、下から支えるほうが
GOODですね。

●廊下のご案内時は、お客様には中央を歩いて頂き
 自分は左斜め前が原則です。
 「右に出るものはない!」と聞いたことはございますか?
 お客様は、右優先です。

●ちなみにお茶出しは、右からです。
 相手の心臓に負担にならないようにという説がございます。

上記は、原則事項で、知っていると便利だと思います。
でも、実際は、配置や物の置き方などによって
何事も臨機応変が重要です。

一番大切なことは、ホスピタリティ精神
笑顔と思いやりです。


それでは、午後は山形、天童で倫理法人会
「経営の集い」がほほえみ、滝の湯さんであります。
18時半からです。
とってもアットホームな感じみたいです。

夕飯準備し移動しま~す♪
新しい出会いと温泉が楽しみです!!

本日も有難うございます。
素敵な人生を!

第一印象研究所 マナー改善士 杉浦永子(ながこ)












スポンサーサイト

【2010/07/06 12:39】 | マナー
【タグ】 ご案内のマナー、倫理法人会,滝の湯さん  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。