上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末いかがお過ごしでしたか?
本日も有難うございます。

私は、夫の実家で法事がありまして週末は石巻に
おりました。

夫とご先祖様のお墓を洗い、掃除をし
心が清々しい気分になりました。


回忌法要についてですが、和尚さんから教えて頂きました。

インド、中国、日本と国を追って、初七日から四十九日までの
七日ごとの区切りに儀式を行うことはインドの中陰思想に基づくものだそうです。


百箇日、一周忌、三回忌等の法要は中国の風習を仏教が取り入れたもの。

さらに、七回忌以降の法要は日本仏教において次第に増えていったものです。

現在の日本の風習では、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌から五十回忌と
法要が行われています。(昔は33回忌まで)

我が家がお世話になっている、和尚さんですが
説法を沢山してくださいます。

中でも、心に響きましたのが・・・

「仏教の世界では、【空 くう】の世界があり、

私たちの命は借り物で、亡くなった方は

空の世界に返るのです。ところが、私たちは、命を自分の

物と思っている・・・。命は借りもので空の世界に返る

ものなのです。」


実は、私は、どうしても悲しい出来事があり(兄の他界)

失った・・・悲しい・・・辛い・・・

などと悲観的に考えていました。

時間の経過とともに、悲しみの曲線は変化してきましたが、

今回の、「空に返る」という言葉は心が

楽になりました。


身内の悲しみは、辛いですが

心の立ち位置で変化します。

生きているからこそ・・・

出来ることがあります。

いい加減な生き方はもったいないですね。

丁寧に、大事に暮らしたいと思いました。

後世に残る仕事をしていきたいものです。

月曜日からの企業研修もパワー全開で参ります♪♪♪

命に感謝!周りに感謝!仕事に感謝!

第一印象研究所 マナー改善士 杉浦永子(ながこ)




スポンサーサイト

【2010/06/27 22:00】 | 冠婚葬祭
【タグ】 法要,  
トラックバック(0) |


伊藤
青い文字の言葉よい言葉ですね。
私の友達の会話
「●●も亡くなった。次はおめえの番か?」
って言われたほうは洒落になってない。

友人の親戚連中の会話だったそうです。
死に対する考え方が明るい。
死に対しての受け取り方も人によって違う。


伊藤さんへ
コメント有難うございます!

私も青い文章には救われました。

伊藤さんのコメントの会話は、
凄いですね。

悲しみに対し、悲観的、センチメンタルになる方は
多いですよね。

ブラックユーモアより、
ホッとするユーモアが好みです。



承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
青い文字の言葉よい言葉ですね。
私の友達の会話
「●●も亡くなった。次はおめえの番か?」
って言われたほうは洒落になってない。

友人の親戚連中の会話だったそうです。
死に対する考え方が明るい。
死に対しての受け取り方も人によって違う。
2010/06/27(Sun) 22:38 | URL  | 伊藤 #-[ 編集]
コメント有難うございます!

私も青い文章には救われました。

伊藤さんのコメントの会話は、
凄いですね。

悲しみに対し、悲観的、センチメンタルになる方は
多いですよね。

ブラックユーモアより、
ホッとするユーモアが好みです。

2010/06/28(Mon) 21:29 | URL  | 伊藤さんへ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/18(Sun) 04:02 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/21(Wed) 13:41 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/22(Fri) 15:30 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。