上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも有難うございます。

大型連休明け2日出社され又、明日からお休みの方も
多いと思います。

今朝は、倫理法人会 モーニングセミナーに行って来ました。

以前、河北TBCカルチャーセンター第1期生に
お越し下さいました方が講師として立たれたからです。




テーマも「ファーストクラスのおもてなし、接遇」

同じエアライン出身、マナー講師・・・
共通点が多いのですが、全くタイプが違います。

隣にいらした男性も
「杉浦さんとタイプが違うね・・・彼女は若いね・・・」
と仰っていました。

初々しい感じで一生懸命にエレガントに話され
素敵でした。

そして、私も初めての倫理法人会での講話を思い出し
様々なご縁を頂き、沢山の単会の方のお顔を思い出しました!!

初心を大切に
したいものです。
”慣れ”はある意味、怖いものです。

私としては彼女はマナー講座の生徒さんと言うより、
同じ講師業の人と言う感じです。

アジアン・ビューティでセンスも良く
見た目は一見クールな印象ですが、
大変チャーミングな方です。

実は、5月15日の話し方&マナーセミナーにも
マナー講師志願の方が2名、面接指導の先生が1名、
他ある業界の講師1名の4名は参加されます。
(実際は、もっといっらしゃるでしょう!)

私は、参加者にマナースキルをお伝えするばかりではなく
講師としても、じっくり見られるわけです。

今後は講師養成も意識していく時が来ました。
本年前半でじっくり考えて行きます。

何より、仙台・東北がどんどん接遇力がアップ
することを願っています。

また、講師業は自分のスキルや教え方が吸収されるわけですが
情報は出すから入ってきます。

また、同じ内容でも、「誰が話すか」
全く雰囲気、参加者の理解度は変わります。

やはり、自分の持ち味が大事です。
そして、顧客を持つことです。

新人のころ、1年目は他人が気になり比較します。
(今は、比較というより、知識のため出向きます)

=====================
年数と共に他人との比較ではなく
自分の道を極めたくなります

(自分の中では、理想像があり、まだまだです!!
======================

研修をさせて頂くと、どんどん壁が見つかり
「どうやったら?どうすれば?結果に繋がるか?」
本では分からない現状の悩みです。

現場に強い講師を目指しています。
これまでも、様々な業界にお世話になり
今後もチャレンジ精神を大切にします。

最後に・・・

おもてなしの語源、意味とは
*「モノを持って成し遂げる」

色々な説があります。
1:人を招く際、お花をわざわざ(購入)生けるのではなく
  ある花(自宅のお花など)、あるもので、もって成す

2:おもてなし「表裏なし」 表裏の無い心でお迎え

人によって、極端に態度を変える(心の表裏)方が
いらっしゃいます。
人は大なり、小なりありますが、人から支持される方は
表裏の少ないかたではないでしょうか?

おもてなし精神・・・大事にしたいです。
週末は、どなたをおもてなしされますか?

本日も有難うございました。

第一印象研究所 マナー改善士 杉浦永子(ながこ)




 




スポンサーサイト

【2010/05/07 22:41】 | 倫理法人会
【タグ】 おもてなし,仙台,マナー、話し方、倫理法人会  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。